電話でのお問い合わせ|011-738-7255 株式会社向上計画総合研究所

 

ESS〜従業員満足度調査〜

ESとは

社員のホントの気持ち、分かっていますか?

企業業績には、社員の力が大きく影響することは日々実感しているところかと思います。
社員の業務に対する意欲や生産性の高さは、「ES」と深く結びついており、自社の営業、品質、生産性等に影響を与えています。

「ES」とは、従業員満足のことです。従業員の業務に対する意欲や生産性の高さは従業員の会社に対する満足度と深く結びついており、重要な経営課題となっています。

特にESとCS(顧客満足)は、表裏一体の関係にあり、顧客に接する従業員が不満な状態では顧客満足度の向上は望めないことから、従業員満足度に対する関心は年々高まっています。

働く社員一人ひとりが不満な状態で、顧客に笑顔を見せろと言われても、引きつった笑いしか出ません。また、日々不満を持ち続けている社員からは、コストダウンや顧客満足につながるような改善提案が出なくて当たり前なのです。

ESを向上させることで、CSにも、業績にも好影響を与えることができます
まずは、あなたの会社のESを調べてみましょう。

ESの調査を行うことにより、単に従業員の満足度がわかるだけではなく、次の効果も見込めます。

「業績を伸ばすポイント」「社員のホントの気持ち」を知りたい方は、ぜひお試し下さい。
従業員満足度と業績向上への糸口がつかめます。

なぜES(従業員満足度)が必要なのか?

  • ポイント1:従業員満足の向上で、企業業績がアップ。
  • ポイント2:中小企業の人材確保に、従業員満足が有効。

卒業予定の大学生の求人倍率が連続で上昇するなど、大手企業の業績回復と少子化により、採用戦線は「売り手市場」の傾向が強まっています。

この売り手市場で、中小企業の人材確保は困難を極めており、多くの経営者が優秀な人材の確保と流出防止に頭を悩ませているのではないでしょうか。

業績向上、CS(顧客満足)の観点は勿論のこと、優秀な人材確保という観点からも、ES(従業員満足度)の向上が、企業の経営にとって、不可欠なものになってきています。とはいえ、実際には「従業員が満足したって、業績はよくならん」と思う方も多いのではないでしょうか。従業員満足度と業績の関係は、なかなか形として見えるものではないため、従業員満足を後回しにしてしまうのでしょう。

しかし最近では、従業員から見てES向上に積極的な企業では、黒字基調が多く見られるとの調査(※1)や企業業績と従業員満足度との正の相関関係を確認した調査(※2)もあり、ESを高めることが企業業績にも大きく寄与すると考えられています。また、ES向上に対して積極的な中小企業に勤める従業員は、積極的でない場合と比較して、6倍以上「ずっと働き続けたい」意向が高いとの調査結果もあり、人材の確保に悩む経営者に有用な考え方でもあるのです(※3)

※1・3 国民生活金融公庫 調査季報(2006.8)
『小企業におけるESの現状―「従業員満足に関する調査」結果より―』

※2 独立法人 労働政策研究・研修機構(2005.9)
『成果主義と働くことの満足度』 http://www.jil.go.jp/institute/reports/2005/040.html

ESSのお申込み・お問い合わせはこちら