Googleアナリティクス~UA完全廃止とキーイベント~

今回はGoogleアナリティクスに関する重要な情報を2点お知らせします。


まずは、アクセス解析の定番ツールであるGoogleアナリティクスについて簡単にご紹介。
Googleが提供するWEBツールで、アクセスデータの計測や解析を行う事ができるため、
サイト運用には欠かせない存在になっています。
「どんな人が」「どこから来て」「どのページを」「どれくらい」見ているのか…
というような状況を把握したい場合、「」の中身が具体的に分かれば良いわけです。
それを計測して数値で示してくれるのがGoogleアナリティクス。

このGoogleアナリティクスですが、現行バージョンはGA4(アナリティクス4)と呼ばれるもので、
2023年7月に前身であるUA(ユニバーサル・アナリティクス)からの移行が完了しました。

UA(ユニバーサル アナリティクス)の廃止

完全移行と言いつつ、それは新たなデータを計測しなくなったという事にとどまっていて、
過去のデータについてはUAを参照できる状況が継続していました。
それが2024年7月1日の週にいよいよ終了との事。
以下、公式コメントです。

今後の流れ
2024 年 7 月 1 日の週以降: すべてのユニバーサルアナリティクス プロパティおよび
API(読み取り専用権限の場合も含む)にアクセスできなくなり、すべてのデータが削除されます。
標準のプロパティの廃止には数週間を要しましたが、ユニバーサルアナリティクス全体の廃止は
1 週間以内にすべて完了します。
Google は、お客様のデータが重要であることを認識しております。
つきましてはこの日までに、以前に処理されたデータをエクスポートすることをおすすめします。

原稿執筆時点では実施まで2か月を切っています。
UAのデータを今後も使用する可能性がある場合は早めのバックアップを。

コンバージョンからキーイベントへ

完全移行の後もGA4は度々変更が実施されています。
最近の変更で注目したいのが「コンバージョン」から「キーイベント」への変更です。
変更理由は、Google広告の「コンバージョン」とGoogleアナリティクスの「コンバージョン」では
計測方法が異なり、違う結果が得られる場合があるため、混乱が生じるのを避けるためです。

「コンバージョン」を和訳すると「転換」や「切り替え」になります。
Googleアナリティクスにおけるコンバージョン(キーイベント)は
「ビジネスにとって価値のあるユーザーアクション」と定義されています。
具体的には、WEBフォームの送信や特定のページの表示などのイベントや、
滞在時間、ページビュー数など、注目したいユーザーのアクションを
コンバージョンとして設定する事ができます。
一方で、Google広告におけるコンバージョンも価値あるユーザーアクションではあるのですが、
この結果が入札戦略の「切り替え」に影響します。
単語が持つ意味から、こちらをコンバージョンとして使用する事になったのではないかと思います。

アナリティクスのコンバージョン設定はそのままキーイベントに引き継がれているので、
利用者がやらなければならない事は特にありません。APIも設定変更の必要は無いようです。
やらなければならない事は無いのですが、できなくなった事があります。
今まで「レポート>エンゲージメント>コンバージョン」で
表示されていたレポートが消えてしまいました。
対策としては、カスタムレポートや探索レポートの作成でしょうか。少々面倒ですね。


ビルダーズネットでは、そんな面倒が一切無く、
工務店のWEBサイト運用に最適なアクセス解析ツール
工務店専用GA4レポート」の利用をオススメしています。
月単位のコンバージョン数の他に、日ごとのコンバージョン獲得数の表示、
さらに棒グラフや折れ線グラフによって一目で分かるコンバージョンの動きなど、
使える情報が盛りだくさんです。

工務店専用GA4レポート紹介記事はこちら
工務店専用GA4レポート製品情報詳細はこちら

この記事の著者

Is sank, a cisso

Is sank, a cisso

ビルダーズネットのデータサイエンティスト。
テクニカルなテーマを嚙み砕いてお伝えします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る