住宅会社・工務店ホームページの反響数を増やす方法 ②

9083f50156a8cb0cd29f31b6b3e6b168_s

みなさんこんにちは。

WEBディレクター兼コンサルタントのKAZUです。

 

今回も引き続き、住宅会社・工務店ホームページの

反響数を増やす方法についてご紹介します。

前回、反響数を増やすためには、「アクセス数」を増やし、

「転換率」を上げていく必要があるとご説明しました。

 

今回は、「転換率」を上げる方法についてご説明したいと思います。

 

 

 

〜アクセス数を急激に増やすことは難しい〜

 

はじめに前回の復習も兼ねて、反響数の公式について整理してみましょう。

例えば、ある工務店A社の月間の反響数が

【アクセス数】1000 × 【転換率】0.2% = 【反響数】2件 だったとします。

この反響数を2倍の 4件 に増やしたい場合について考えてみましょう。

 

「アクセス数」を増やして反響数を増やす場合、

月間の訪問数を1000 → 2000にする必要があります。

 

しかしながら前回ご紹介した通り、アクセス数を増やすためのSEO対策は

実施後すぐに効果が得られない場合も考えられます。

 

ネット広告を利用する場合は、広告の出稿費用がかかってきますが、

見込の低いライトなユーザーも集客されてしまいますので、

結果的には【転換率】が0.2%以下に下がってしまうことに繋がります。

 

したがって、アクセス数を増やして反響数を2倍に増やすことは容易ではありません。

もちろん「転換率」を上げることが簡単なことでは無いのですが、

2倍の0.4%に上げることが出来れば、【アクセス数】1000のままで反響数を4件に出来ます。

 

では、どうしたら転換率を上げることが出来るのでしょうか?

 

 

 

〜自社のターゲットとなるお客様のことを把握する〜

 

転換率を上げるために、まずはじめることは

「問い合わせを行うユーザー像」についてしっかり理解し把握することです。

 

例えば、ある住宅会社Bは「住宅性能」に自信があったとしましょう。

当然、ホームページにはその性能についてのページが沢山あります。

しかし、実際に問い合わせをしてきてくれた一般の人に話を伺うと、

「B社のおうちのデザインが素敵だった」と、

「デザイン」に興味を持ってアクションを起こしてくれたケース。

 

このように「自分たちが考えるユーザー像」と

実際の問い合わせしてくれるユーザー像」にギャップがある場合も多いのです。

 

このようにズレが生じたまま、「自分たちが考えるユーザー像」に対して

施策を打ち続けても、当然結果は出てきません。

まずは自社のターゲットの見直しをし、

お客様が一歩踏み込んで問い合わせしてみたいと

思ってもらえる情報を提供することが大切です。

 

 

 

〜ターゲットのニーズに合わせた情報提供が大切〜

 

「自社のターゲットになるお客様」が見えてきたら、

今のホームページが、そのターゲットに響くホームページになっているかを考えます。

 

住宅商品の説明ページ、会社のコンセプトページ、

載っている画像や、原稿がターゲット側の需要と合致しているでしょうか?

転換率を上げるためには、このポイントをしっかり押さえて対応することが大切です。

 

また、もうひとつ大切なのは「問い合わせフォーム」の設置場所や、

フォームページの内容や項目を見直してみましょう。

 

せっかく問い合わせしてみようと気持ちが高まったのに、

「問い合わせフォーム」が見当たらなかったり、入力項目が極端に多かったりなど

ストレスが生じてしまうことで、問い合わせを断念してしまいます。

 

お客様側の気持ちになって、スムーズに問い合わせまで進めることが出来るのかを

考え、改善していく必要があります。

 

 

今回は「転換率」を上げるための方法についてご紹介しました。

前回の内容と合わせて見直していただき、たくさん反響が生まれるホームページを目指してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

KAZU

WEBディレクター兼コンサルタント。
住宅会社・工務店のサイト制作を多数担当。
SEO対策とWEBマーケティングを中心にサポートします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る