住宅におけるIoTの未来とは?

smartphone

皆さんこんにちは。

WEBディレクター兼コンサルタントのKAZUです。

最近、「LINE Clova WAVE」や、「Google Home」といった

スマートスピーカーが続々と販売されているのをご存知でしょうか?

これは、LINE ClovaのCMですが、

スマートスピーカーに向かって「電気をつけて」と言うと電気が点灯したり、

「音楽をかけて」と言うと、スピーカーから音楽が再生される。

この様なスマートホームを実現するための家電がどんどん出てきています。

 

〜住宅をIoT化するスマートホームとは〜

IoTとは「Internet of Things」の略のことで

直訳すると「物のインターネット」です。

PCやスマートフォンに限らず、あらゆる物がインターネットに繋がることで

みなさんの生活が変わるというもの。

住宅であれば、家のセキュリティやエネルギーの管理、

スマート家電の操作や調整まで、スマートスピーカーやスマートフォンを通じて管理できる、

映画のような世界が実現間近なのです。

 

まず、省エネの面で、スマートホームを目指すためにはHEMSが活躍します。

電気などの光熱量を専用のモニターで「見える化」し、エネルギーの無駄がないようにします。

国がZEHの普及に力を入れていますが、これはHEMSの普及にも繋がるのです。

 

また、先ほどの動画の様にリモートコントロールで「照明の操作」や、

スマートフォンで鍵を開ける「スマートロック」などの商品も既に登場しています。

今後、これらを一元管理するためのアプリケーションの対応が追いついてくれば

様々な物のIoT化が加速していきます。

 

最近のニュースでは、

ダイワハウスが手がける賃貸物件のD-roomが

2017年12月から管理している物件10万戸に導入し、スマートホーム化を進めると発表しています。

こういったサービスは今後どんどん増え、普及すると思います。

 

スマートフォンの様に、

スマートホームが当たり前になる時代もそう遠くないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

KAZU

WEBディレクター兼コンサルタント。
住宅会社・工務店のサイト制作を多数担当。
SEO対策とWEBマーケティングを中心にサポートします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る