住宅会社におけるオウンドメディアの活用法①

YAMAyamasha-09_TP_V

皆さんこんにちは。
WEBディレクター兼コンサルタントのKAZUです。

ここ数年でオウンドメディアという単語を
耳にすることが増えてきました。

今回はまだ理解出来ていない方のために、
オウンドメディアの定義・役割についてご説明していきます。

 

〜そもそもオウンドメディアとは?〜

オウンドメディアの定義についてですが、
ざっくりとした解釈をすると「企業が自社で所有するメディア(媒体)」です。

これだけ見ると、会社のホームページのことではないかと
感じてしまうと思いますが、オウンドメディアの大きな役割は2つあります。

・顧客(消費者)に有益な情報を発信する役割
・顧客(消費者)と長期的な関係構築に繋げる役割

ではどうしてオウンドメディアが注目されるようになったのでしょうか?

 

〜オウンドメディアが注目されている理由〜

オウンドメディアが注目されている理由のひとつに
コンテンツマーケティングの潮流があげられます。

※コンテンツマーケティング
インターネット上で提供するコンテンツ(情報)を起点としたマーケティング活動全般のこと。

近年、消費者が企業からの一方的な広告メッセージに飽きてしまい
鵜吞みにしなくなっています。

例えば、何か購入する際には事前にインターネットで
情報収集を行い、調べて検討する行動が定着しています。

住宅会社に当てはめて考えて見ると「うちの住宅商品はこんなに素晴らしいですよ!」と
都合の良いことばかり訴えても振り向いてもらえません。

ですので、本当に消費者が必要とする情報や、
楽しんでくれるコンテンツを提供し、惹きつける必要があるのです。

また、SNSなどで個人が発する情報の伝達力が高まっており
多くの人に価値があると判断されたコンテンツ(情報)であれば
驚くほど多くの人に伝わる大きな力を持ったツールになります。

 

さて、今回はオウンドメディアの定義や役割について

・消費者へ有益な情報の発信、長期的な関係構築を図る役割がある点
・注目されている背景にはコンテンツマーケティングの潮流が影響している点
の2つについてご説明しました。

次回はオウンドメディアを使った具体例を
紹介をしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

KAZU

WEBディレクター兼コンサルタント。
住宅会社・工務店のサイト制作を多数担当。
SEO対策とWEBマーケティングを中心にサポートします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る